漫画

氷菓でブルーレイの真価を知りますた

ここ数年ついったー監視業務に勤しんでいたのだが、やりすぎて目と脳があの情報量を拒否するようになった。 限界ということで、別の有意義なことをやろうと。 生活を見直し、部屋の掃除をして、キャパオーバーになっていた本を売って、 アヌメの「氷菓」を頭…